FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FGO:ネロ祭開始

フリクエを消化し、ちょっとづつ本篇を進めてキャメロットの10節です。
ネロ祭が始まり、私の愛する嫁ネロのピックアップが来るので楽しみです。ネロちゃん好き。まあ、物欲センサーが仕事するんじゃないかと思いますけれど。ネロちゃん狙いなので、10連を回すのは金曜日かな。

キャスターピックアップは爆死でしたが、不夜城キャスさんいるし、水着マリーさんは無敵スキル持ちで耐久力あるし、アンデルセンも育っているし、今のままでも、まあいいかなという気持ち。
スポンサーサイト

FGO:水着イベント2017終了 

レースな水着イベ終了。混沌の爪を集めたかったのですが、あまり落ちなかったです。残念。

月が変わったので、マナプリズムを種火と交換してジャンヌ・オルタに投入。数が足りなかったんですが、大成功が2回出てLv80になり、めでたく最終再臨できました。
ジャンヌ・オルタのツンデレっぷりは抜群で、絆が5になったときも最終再臨のときも、ものすごく回りくどい言い回しで好意を伝えてきます。ツンデレ好きには堪りませんな。これに比べると、アンデルセンやカーミラ姐さんのツンデレはまだ甘い。

あとは、フリクエや幕間を消化したり、術の青石を集めるために、修練場の初級を回したり。フリクエも北米まできました。推奨Lv52ぐらいのところです。本気で立ち向かわないと負けそう。

久々にシムピープル

久々に『シムピープル』を立ち上げて遊んでみました。一年ぶりのシムピープルです。

CDドライブの調子が悪く、なかなか遊べなかったのです。
物理機構的にトレイが出てこなくて5回ぐらいボタンを押しつづけてようやくCD-ROMをセットすることができました。CD-ROMをセットしないと立ち上げられないんですよ。でもって、ハードの性能が低いもので、データ読みこむのに5分ぐらいかかる……。

久々だったので遊び方を忘れていました。手出ししないで見ているだけという遊び方もあるのですが、それだとシムたちが健康で文化的な生活を営めなくなるので、ちょこちょこと手助けしてやらねばならないのです。

で、エルリック家です。朝食中。

*

こうして見ると、シムたちって本当にドールみたいな体型ですね。
子供たちのスキンはもう閉鎖されてしまった「てつばけつ」さんのもの。むちゃくちゃ可愛い。ドールでも欲しい。
でもこういうお子様サイズのドールは売ってないんだよなぁ。一番小さいやつでも手足が長すぎ。リカちゃんの妹サイズだと今度は子供すぎる(幼稚園児設定なので)

エルリック家リフォーム完了

さて、エルリック家。内装リフォームも完了し、バトラーさんを迎え入れるばかりなのですが……。

*
バトラーさんをお家に呼んだところ。雰囲気はいいんですが……。
パパが一緒に暮らそうといったら「もっと楽しいことがしたい」と振られてしまいました。
「一緒に暮らそう」コマンド(「中に入る」だったかな? ヘンな訳)が出るようになっただけマシか。

*
で、パパはバトラーさん攻略にかまけてて、子供たちとの交流がおろそかになってたり。
エド拗ねてます。

*
アルぽん「兄さん、すねちゃだめだよ。ボクがいるよ」
エドワード「アル~」
ええ、相変わらずラブラブです、こいつらも。

*
これはオマケ。
「兄さん、ちょっと手を洗わせてね」
二人羽織? よく見ると、エドの頭からアルの頭が生えてるよ。ホラー!?

エルリック家同居者獲得大作戦

20060318021602.jpg


無邪気に遊ぶ子供たちを見て、パパ・ホーエンハイムは考えた。
「私にもしものことがあったら、この子たちはどうなるのだろう? たとえば花火で火ダルマになったり、プールで溺れたりしてしまったら……。食事も作れず、消防士も呼べないこの子たちが無事暮らしていけるのだろうか? 万一のことを考えて、誰かと同居すべきなんじゃないのか」

**

ホーエンハイムの脳裏にひとりの男が浮かんだ。猫と暮らす孤独な画家バトラー・セバスチャン。
*
「マメで世話好きな彼なら執事役も引き受けてくれるのではないか?」

*
そこで食事時に子供たちに話してみる。
ホー「一緒に暮らそうと思う人がいるんだが」
エド「えー、オヤジ、ケッコーンすんの? すげーっ」
アル「ふうん、どんな女性?」
ホー「いや、女性じゃなくて男性なんだが。セバスチャン君だよ」
エド「えー、オヤジ、ゲイだったの? カコイイーっ」
アル「ふうん、ボクは別に構わないけど」
ホー「まだ、相手の気持ちは聞いてないんだが……」
エド「なんだよ、プロポーズもまだかよ、ダッセー」
アル「ふうん、うまくいくといいね」

セバスチャンを家に呼んでみたのだが、まだ家族の話に溶け込めないようだ。
*

同居話を切り出そうとしても、切り出せず。
*

でもエドの下手くそなピアノを喜んで聞いてくれるし、まだ希望はある。
20060318021630.jpg

がんばれ、ホーエンハイム。なんとしても執事役をゲットして、豪邸に住むのだ。

この後ダウンタウンに誘ってみたり、いろいろ努力はしてますが、ただのお友達関係で同居に持ち込むのって難しいね。
というわけで、まだ同居ならず。
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
プロフィール

Author:ありさと

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。